システムモード

一般のブログ閲覧者が記事を見る画面以外は、ほぼすべてシステムモードになります。一番よく目にするのは記事編集画面やリロード画面でしょう。

システムモード対応テーマを作成する場合は、システム画面もすべて対応する必要があります。システムモード非対応の場合、システムモードではテーマが切り替わりますので、無理に対応する必要はありません。

HTML構造と基本ルール

<div class="main">
	<nav class="tree">
		<!-- メニューリンク(パンくずリスト) -->
	</nav>
	
	<article class="system">
		<h2>タイトル</h2>
		<div class="body">
			<!-- 本文 -->
		</div>
	</article>
</div>
  • nav.treeは管理メニューのパンくずリストです。記事編集画面など存在しないこともあります。
  • システムモード時は body と article にそれぞれ systemクラスが付きます。
  • articleは複数出力されることがあります。

エラーメッセージ、リロードメッセージ

これらは article.system のクラスを持ちながら通常画面(bodyがsystemクラスを持たない画面)でも出力されます。

<article class="system error">
	<h2>エラー</h2>
	<div class="body">
		<div class="messages">
			<div class="message">名前を入力してください</div>
		</div>
	</div> <!-- end of body -->
</article>
<article class="system message">
	<h2>処理結果</h2>
	<div class="body">
		<div class="messages">
			<div class="message">コメントを書き込みました</div>
		</div>
		<p>
			<a href="#"><strong id="reload-msg">3秒後にリロードします</strong>(Enter)</a>
			<button id="reload-stop">STOP</button>
		</p>
	</div>
</article>

class="messages"からも分かる通り<div class="message">は複数存在することがあります。表示サンプルはデザインリセットやデザインモジュール(プラグイン)再インストール時です。

design-reinstall.png

最後のメッセージだけ間をあけたり行をずらしてもいいかもしれませんね。

設定画面

システムモード設定画面の多くは table によってデザインされています。

  • 設定用の table は「blog-setting」というクラスを持っています。
  • テーブルのtd/th要素内の設定項目にフォーカスが当たると、td/thに focus クラスが付与されます。
  • td/thが含む要素に設定エラーがあり設定保存に失敗した時、該当のtd/thには error クラスが付与されます。
OK キャンセル 確認 その他