目次記法

複数の記述を1つのコマンドで出力するためのマクロ機能があります。この機能は主に目次に対して使用します。

1セクション番号を出力

[*section_number]

見出しに章番号付加され「1 第一章」のように出力されます。

2目次を出力

[*toc]
[*toc:depth=1]
[*toc:none]
  • 1行目は、通常どおり記述した場所に目次を出力します。
  • 2行目は、深さ1(トップレベル)までの目次を出力します。*1
  • 3行目は、<ul>のマーカー文字を非表示にします。

深さは1と2は以下の記述を使うこともできます。

[*toc1]
[*toc2]

*1 : Version3.30以降で使用可能です

OK キャンセル 確認 その他