ダイジェスト記法

メッセージダイジェスト(MD5/SHA)を計算して出力する記法です。

プログラムを配布したりしない人にはあまり縁がない機能ですが、そういう人にはとても便利な記法だと思います。

使用Perlライブラリ

  • Digest::MD5 …… MD5使用時
  • Digest::SHA …… SHA使用時

MD5はPerlに標準付属してますが、SHAは付属していません。PurePerl実装の「Digest::SHA::PurePerl」を添付していますが、大きなファイルだと遅くて大変なので、使用する場合は別途 Digest::SHA をインストールすることを推奨します。

apt-get install libdigest-sha1-perl

※最近のPerl(5.14以降?)ではインストールしなくても付属しているようです。

使用方法

おそらく一番使用するであろうファイルに対するダイジェストの記述方法です。

-[file:lzh::mixi_export.lzh:mixi_export.lzh]
--(md5) [file:md5::mixi_export.lzh:mixi_export.lzh]
--(sha256) [file:sha::mixi_export.lzh:mixi_export.lzh]

fileはアルバムから(画像以外の)ファイルを貼り付けたときに自動で挿入されるタグで、2カラム目の拡張子をmd5等に書き換えます。対応しているハッシュは以下になります。

md5, sha1, sha224, sha256, sha384, sha512, sha(sha256と同じ)

ダイジェスト値は記事を保存した時のファイルの状態を記録しています。ファイルを置き換えた場合は、記事を再保存する必要があります。

文字列のダイジェスト

-(md5) [md5:test string]
-(sha256) [sha:test string]
  • (md5) 6f8db599de986fab7a21625b7916589c
  • (sha256) d5579c46dfcc7f18207013e65b44e4cb4e2c2298f4ac457ba8f82743f31e930b
OK キャンセル 確認 その他