自前サーバへのインストール

ローカルのサーバ、自前で管理しているサーバ、VPSサーバ等へのインストール方法を述べます。

前項のレンタルサーバを前提としたインストール方法よりも内容的に高度になります。なお、Apacheはすでにインストールされ、設定も済んでいるものとします。

※パッケージコマンドはDebian系に準拠しています。他のディストリビューションやFreeBSD等では適当に読み替えてください。

gitを使用する

自前サーバでしたら、gitを使うと圧倒的に楽ですので、その方法で説明します。

まずgitをサーバにインストールしてください。

$ sudo apt-get install git

次にadiaryを展開したいディレクトリに移動し、Githubからソースを取得します。

$ git clone https://github.com/nabe-abk/adiary

実行した場所の adiary/ 以下に全ソースファイルが展開されます。

アップデートする場合は「adiary」を展開したディレクトリに移動して以下のコマンドを入力するだけです。

$ git pull

開発版が欲しいとき

$ git pull origin develop:master

tag.bz2から展開する

ファイルを取得して展開したいディレクトリで次のコマンドを入力してください。*1

$ tar xvf adiary-3.xx.tar.bz2 

アップデード時は、新しいアーカイブを展開してから cp -Rp 等で上書きする必要があります。

*1 : adiaryのディレクトリは勝手に作られます。

Perlのインストール

Perl及び必要なモジュールをインストールします。すでにインストールされている場合は必要ありません。

# apt-get install perl
# apt-get install perlmagick libnet-ssleay-perl
  • インストールモジュール : Image::Magick, Net::SSLeay

パーミッションの設定

cgiファイルにはすでに実行属性がついていると思いますので、ディレクトリの書き込み許可だけ設定してください。

$ chmod 777 __cache data pub

suEXEC環境ではこの設定は不要です(よく分からない時は設定を行ってください)。

confの設定

サンプルから .conf.cgi を設定してください。面倒ならばデフォルトのままで大丈夫です。

$ cp adiary.conf.cgi.sample adiary.conf.cgi
$ vi adiary.conf.cgi

詳細はadiary.confの項目を参照。使い勝手よりセキュリティを重視する場合trust_modeを解除したほうが良いです。

adiaryへのアクセス

adiary.cgiへアクセスして適当なID/PASSでログインしてください。

うまくログインできたらあとは画面の指示に従います。

OK キャンセル 確認 その他